認定企業インタビュー①

株式会社アドヴァンスト・ソフト・エンジニアリング

今回は認定ニアショアベンダー制度第1号の認定付与企業である、

株式会社アドヴァンスト・ソフト・エンジニアリングの代表取締役社長の金山様に

お話をお伺いしました。
金山様

 

御社の概要について教えて下さい。

本社(北海道札幌市厚別区テクパーク)と東京支店(中央区銀座)の
2拠点で活動する従業員100名強の独立系ソフトハウスです。
大手ITベンダーからの受託開発、技術支援、人材派遣が大部分を占めますが、
近年はお客様からの直接受注や、自社サービス開発の実績を積んでいます。

今年度、会社は30年目を迎え、ニアショア経験も同じく30年目、年季が入っています。

 

御社の専門性や実績についてお伺いします。

強みを持つ業種やサービスはどのようなところでしょうか?

社会インフラシステムが約7割。
その他エンジニアリング系、組み込み系の業務が大部分です。
業種に特化はしていませんが、お客様からの直接受注案件では
アジャイル開発手法を取り入れることが多くなりました。

上記の裏付けとなる具体的実績をあげて下さい。

航空管制、警察、消防の通信司令システム、
自治体福祉システムSI・開発、スーパーコンピューターのベンチマーク・運用支援、
各種メーカーカーナビ開発、LCMシステム開発、自社サービス「よやくじら」開発などです。

技術者についてお伺いします。

御社で卓越した知識や専門性、技術力がある方がいらっしゃれば教えて下さい

・アジャイル開発を推進する管理職1名(Ajail Japan等、登壇多数)

・当社の技術ブレインとなるアーキテクトが数名(OSS利用,最新のフレームワーク利用等に活躍)

技術者の分布について教えて下さい(延べ人数)

・開発エンジニア( 98 名)

・要件定義フェーズ ( 14 名)

・基本設計フェーズ( 54 名)

・詳細設計フェーズ( 85 名)

・実装フェーズ( 84 名)

・移行・テストフェーズ( 84 名)

・インフラ設計( 4 名)

・インフラ構築( 6 名)

・品質管理( 30 名)

エンジニアの育成に対して取り組んでいることはありますか?

・社外研修(ビジネスマナー・マインド・基礎能力向上)

・社内勉強会(データー解析、情報処理セミナー、プレゼン練習)

これまでのニアショア開発実績があれば教えて下さい。

当社は仕事のほとんどを関東圏で受注しているため、
本社業務はニアショアがほとんどです。
ただし、製造、テスト等の下流工程のみを担当することはめったにありません。

品質管理に関する取り組みを教えて下さい。

社内の品質標準もしくはお客様指定の管理標準に則った運用をしています。
PJ支援Gr.があり、品質管理支援およびPMOの役割を果たしています。

今後、獲得していきたい案件の分野はどういったところでしょうか?

従来通りの社会インフラ系の業務に加え、業務改善に直結するアイディア製品、
SaaSによるBtoB,BtoCビジネスを増やしていきます。
ITで地方を豊かにすることに貢献したいと考えています。

最後に発注側企業様へお伝えしたいメッセージをお願いします

当社はニアショア開発経験が豊富です。
しかし、単純に製造工程やテスト工程のみを安価に請け負うという仕組みはとっておりません。
超上流~下流工程までを請け負うことを前提に、
トータルコストを安く抑えるご提案をさせていただいております。

OSS利用やアジャイル開発の実績も多く、
しかも大型の官公庁プロジェクト経験も豊富な当社の実力をお試しください。
損はさせません。

金山様、ありがとうございました!