都道府県単価情報(2015年度版)

2015年度版都道府県単価情報改訂について

改訂の要点

・他都道府県からの認知度向上と沖縄県内需要から、沖縄県単価の向上

・Ruby需要増における島根県単価の向上

・前回4位の兵庫県における数値の訂正

(2014年12月10日改訂)

 概要

システム開発におけるエンジニア単価について、都道府県別の参考情報

になります。

 

東京と各都道府県の単価比較

東京を1.0として、各都道府県における単価水準の概算をご確認いただけます。
たとえば0.90の県の場合は、東京の90%の単価ということになります。

 

<都道府県>
<東京比較単価係数>
1
東京都
1.00
2
神奈川県
1.00
3
千葉県
0.97
4
埼玉県
0.96
5
愛知県
0.94
6
静岡県
0.92
7
茨城県
0.92
8
福岡県
0.89
9
大阪府
0.88
10
兵庫県
0.87
11
京都府
0.87
12
滋賀県
0.86
13
三重県
0.84
14
群馬県
0.83
15
岡山県
0.83
16
広島県
0.82
17
栃木県
0.82
18
岐阜県
0.82
19
奈良県
0.82
20
長野県
0.81
21
富山県
0.80
22
和歌山県
0.80
23
山梨県
0.80
24
宮城県
0.79
25
北海道
0.78
26
石川県
0.78
27
福井県
0.78
28
新潟県
0.76
29
愛媛県
0.75
30
鹿児島県
0.75
31
熊本県
0.75
32
福島県
0.74
33
徳島県
0.74
34
香川県
0.74
35
山口県
0.74
36
島根県
0.73
37
大分県
0.73
38
高知県
0.72
39
鳥取県
0.72
40
沖縄県
0.71
41
佐賀県
0.70
42
宮崎県
0.70
43
長崎県
0.68
44
岩手県
0.68
45
秋田県
0.68
46
山形県
0.65
47
青森県
0.65
全国平均
0.80

※東京比較単価係数の計算根拠

以下のデータをもとに当機構で重み付けを行い算出しています。
企業の規模や専門性により、実際の単価と異なる場合もございます。

・厚生労働省発表の平均年収、最低賃金
・市場規模
・各都道府県のベンダー数および需要

ニアショア開発活用に関するお問い合わせはこちら

現在、約6,000名のエンジニア力とつながっており、新たな価値を生み出します。

ニアショアベンダー紹介依頼、開発コスト最適化、リソース確保のご相談等、

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ