エンジニア単価情報

エンジニア単価情報2020年版レポートについて

概要

首都圏のユーザー企業及び独立系システム開発会社よりインタビューとエンジニア受発注情報を収集、数値分析を実施し、2020年度版エンジニア単価をまとめました。

昨年度までは、“業務系・基幹系エンジニア単価”とさせていただいておりましたが、Webサービス系エンジニアと業務系エンジニアの要求スキルの融合が進み、境界線が薄れてきましたので統合しました。ITSSをベースにしたスキル体系を元に役割とレベル毎に単価情報を記載しております。

サマリー

・上昇傾向が継続、アナリスト(要求定義)系が上昇幅高い
・DXの進行やSAP2027年問題など案件数の増大
・Webサービス系エンジニアと業務系エンジニアの要求スキルの融合
・エンジニアの“多能工化”が進む(複数の役割を要求される)
・言語や使用技術による価格差が強まる

 

スキル体系について

経済産業省(IPA)が制定したITスキル標準(以下「ITSS」)と、 株式会社パソナテックが、ITSS、SFIA(Skills Framework for the Information Age : 英国)、SWEBOK(SoftWare Engineering Body Of Knowledge : 米国)を参考に体系化し、人材ビジネスで 豊富な運用実績のあるPT-ITSSをベースに使用しております。

役割全体図(pdf:2.1MB)

ニアショア開発活用に関するお問い合わせはこちら

首都圏単価より割安で高いパフォーマンスが期待できるニアショア開発に注目が

高まっています。

ニアショアベンダー紹介依頼、開発コスト最適化、リソース確保のご相談等、

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ