機構 短信

エンジニア調達の必勝パターンを考える

派遣法および民法の改正、エンジニア調達の激化、要求されるスキルセットの
変化などシステム開発を取り巻く環境が大きく変化してきており、従来型の
調達手法では対応が難しい状況になってきています。
システム開発の業界は、これまでのやり方や業界慣習に固執し過ぎている傾向
がありますが、発想の転換や当たり前のことを見直しを図る、またAWS等の
仮想環境やタスク管理ツールなど新しい技術要素やツールを使用する事で、
可能性が広がります。

エンジニア調達7つの必勝パターン

調達手法を次のステップへ進化させるための、7つの必勝パターンをまとめました。

①受託側の気持ちを考える
②調達量を測定し計画する
③育成モデルを確立する
④作業場所で切り分ける
⑤スキルギャップを知る
⑥フリーランスの活用
⑦戦略的プライシング

これらを自社にあてはめて考えていただくと、改善の余地が見つかると思います。

詳細レポートの公開

詳細につきましては、レポートをご用意しております。
「エンジニア調達の必勝パターンを知る特別レポート」
〜外注が殺到する要素をおさえて、調達戦略を再構築する〜

ダウンロードはこちらからいただけます。
https://lp.nearshore.or.jp/707/

最近の短信